マシジミの稚貝の成長について On the Growth of Young Shell of Corbicula leana PRIME

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マシジミの生殖期間は長期にわたるので発生時期の違いにより稚貝の成長の様子は非常に異なる。5月下旬に発生した稚貝の成長は次のようにまとめられる。1. 5月下旬に発生した稚貝はその年度内に生殖腺が成熟し, 満1年以内に成貝に成長する。2. 孵化直後のD型幼生は殻長0.18mmから0.22mmであり, 孵化後, 約10日間はほとんど成長しない。殻長約0.6mmに達すると水管が完成し, 殻長約1.6mmに達するころから泥中より水管を出し摂餌する。3. 稚貝の成長速度は一様でなく成長につれて変化し, 軟体部の形態変化と深く関係する。成長速度の変化点は殻長約0.6mm, 3mm, 10mmの時期であり, 殻長約0.6mmの時期に水管が完成し, 殻長約10mmの時期に生殖腺が成熟を始める。

As the reproduction season of Corbicula leana PRIME is long, growth of young clam shows a considerable difference by time of hatch-out. Growth of clams hatched at the end of May was surveyed and the results obtained are summarized below : 1. The clams hatched at the end of May sexually mature in the same year and attain as mother clam within a year. 2. Shell length of hatched D-shaped larvae ranges between 0.18mm and 0.22mm and showing only a slight growth within 10 days after hatch-out. Siphon is completely differentiated at about 0.6mm in shell length and is seemingly starts functioning for feeding when shell length attains 1.6mm. 3. Growth rate is not always even through the life but shows drastic changes at 0.6mm, 3mm and 10mm in shell length. The speed from D-shaped larva to 0.6mm in shell length is the smallest, while from 3mm to about 10mm, the largest. The gonad starts to ripe at the stage of 10mm in shell length.

収録刊行物

  • 貝類学雑誌

    貝類学雑誌 36(1), 19-24, 1977

    日本貝類学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004764130
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00410236
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0042-3580
  • NDL 記事登録ID
    1824637
  • NDL 刊行物分類
    RA48(生態--動物)
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-27
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ