日本産サガミミノウミウシの解剖学的研究 The Anatomy of Phyllodesmium serratum (Baba, 1949) from Japan (Nudibranchia : Facelinidae)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

サガミミノウミウシPhyllodesmium serratum (Baba, 1949)は体長最大40mm, 普通は10∿25mm。外形上の特長として背側縁の鰓突起=ミノ突起は細長で, 単一な円柱状を呈し, 脱落性で, 偏圧することなく, 先端部は彎曲しやすい。口触手・触角共に単一, 足隅は短角状。全体部地色は黄白色, 背部は内臓透見のため黄色強くなる。口触手・触角・鰓突起等それぞれの上半部は蛋白色。背中線上には1条の蛋白色縦帯がある。全体部は光線のぐあいで, 青白色に見える。鰓突起の中脈(肝盲管)は橙赤色。顎板縁は少数の小歯を生じる。歯式は15×0.1.0.各歯はV字状, 主歯尖の両側には各側多数の小鋸歯を配列し, これによってクセニアウミウシ属(広義)Phyllodesmium (s.l.)中に編入された。サガミミノウミウシは腔腸動物・八放サンゴ虫類のハナゴケCornularia sp.を摂食するという(大川1990)。

A comprehensive study of the anatomy of Phyllodesmium serratum (Baba, 1949) is presented.

収録刊行物

  • Venus (Journal of the Malacological Society of Japan)

    Venus (Journal of the Malacological Society of Japan) 50(2), 101-107, 1991

    日本貝類学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004764871
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00410236
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    0042-3580
  • NDL 記事登録ID
    3734084
  • NDL 刊行物分類
    RA38(組織・形態--動物)
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-27
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ