ウミニナとホソウミニナの混生域における分布 Distribution of Two Intertidal Gastropods, Batillaria multiformis and B. cumingi (Batillariidae) at a Co-occurring Area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 足立 尚子 ADACHI Naoko
    • 奈良女子大学理学部生物科学科 Department of Biological Science, Faculty of Science, Nara Women's University
    • 和田 恵次 WADA Keiji
    • 奈良女子大学理学部生物科学科 Department of Biological Science, Faculty of Science, Nara Women's University

抄録

和歌山県那智勝浦ゆかし潟の潮間帯砂泥地に同所的に生息するウミニナとホソウミニナについて, 潮位と植生に対する分布を調査した。ウミニナは, 高潮位において高密度で出現したのに対し, ホソウミニナは, 低潮線付近において高密度で出現した。塩生植物の出現する場所において, 2種が多く出現した植物の種は異なっていた。室内実験では, ホソウミニナは, ウミニナよりも水のある場所を好む傾向を示した。これは, 野外での2種の潮位に関する分布の違いの結果と一致した。

Distributions of two intertidal gastropods, Batillaria multiformis (Lischke) and B. cumingi (Crosse), were studied in relation to intertidal height and vegetation on a tidal flat where they co-occurred. B. multiformis occurred abundantly in the intertidal higher level, while B. cumingi did in the lower level around low tide shore line. In areas with halophilous plants, the two species tended to segregate to each other with regard to plant species. Laboratory experiment indicated that B. cumingi preferred to stay in water to more extent than B. multiformis, corresponding with the distributional difference in intertidal height between the two species.

収録刊行物

  • 貝類学雑誌

    貝類学雑誌 57(2), 115-120, 1998

    日本貝類学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004773335
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00410236
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0042-3580
  • NDL 記事登録ID
    4536135
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-27
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ