物乞いの組織化によるエンパワメントの可能性--グラミン銀行「物乞自立支援プログラム」  [in Japanese] Empowerment of the Beggars in Bangladesh : Grameen Bank's Struggling Members Programme  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

バングラデシュにあるグラミン銀行は,2003年,物乞いの組織化に着手した。本稿の目的は,物乞いに少額融資を提供し,準メンバーとして彼らの組織化を図るグラミン銀行が,「物乞自立支援プログラム」を通して,物乞いをどのようにエンパワーさせることができるのか,その可能性を考察することである。本稿では,まず,「物乞自立支援プログラム」の目的,現状,特徴,組織化を概観し,次の第2節で,筆者の調査に基づき,物乞いの生活状況とグラミン銀行とのかかわりを整理する。第3節で,物乞いのエンパワメントの可能性を,(1)融資がもたらす可能性,(2)センター集会がもたらす可能性,(3)身体に障害のある物乞いにもたらす可能性,の3つの側面から考察し,最後に,「物乞自立支援プログラム」の意味とグラミン銀行の開発における役割を述べる。

Journal

  • Asian economic review

    Asian economic review 64(1), 17-26, 2005-07

    Yamaguchi University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004780829
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00155911
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    09116303
  • NDL Article ID
    7875941
  • NDL Source Classification
    ZD2(経済--経済・経済事情--外国経済事情)
  • NDL Call No.
    Z3-446
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top