琵琶湖におけるオオクチバスフロリダ半島産亜種(Micropterus salmoides floridanus)のミトコンドリアDNA調節領域の多様性と導入起源 Genetic diversity and origin of Florida largemouth bass (Micropterus salmoides floridanus) introduced into Lake Biwa inferred from the mitochondrial DNA control region

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 青木 大輔 Aoki Daisuke
    • 環境NPO外来魚バスターズ:大阪府立大学大学院生命環境科学研究科:大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 植物バイオサイエンス分野資源植物学研究室 Gairaigyo Busters (NPO):Graduate School of Life and Environmental Sciences, Osaka Prefecture University
    • 中山 祐一郎 Nakayama Yuichiro
    • 環境NPO外来魚バスターズ:大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 Gairaigyo Busters (NPO):Graduate School of Life and Environmental Sciences, Osaka Prefecture University
    • 林 正人 [他] Hayashi Masahito
    • 環境NPO外来魚バスターズ:東京大学大学院情報理工系研究科:科学技術振興機構ERATO今井量子計算機構プロジェクト Gairaigyo Busters (NPO):Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo:ERATO Quantum Computation and Information Project, Japan Science and Technology Agency

抄録

滋賀県琵琶湖におけるオオクチバスフロリダ半島産亜種の導入起源を検討するために、琵琶湖と西ノ湖(琵琶湖水域)のオオクチバス集団の遺伝的多様性を調査し、フロリダ半島産亜種の国内への導入記録のある奈良県池原貯水池のオオクチバス集団および九州地方の水産業者のオオクチバス養殖個体と比較した。2003年に採集した琵琶湖の9地点と西ノ湖産の107個体、奈良県池原貯水池産の39個体、水産業者から購入した10個体を供試して、ミトコンドリアDNA調節領域の塩基配列に基づくハプロタイプをダイレクトシーケンス法またはSSCP分析によって同定した。全156個体から、名義タイプ亜種のハプロタイプ3種類とフロリダ半島産亜種のハプロタイプ10種類が認められた。琵琶湖水域から検出された4種類のフロリダ半島産亜種のハプロタイプはすべて池原貯水池にみられた。水産業者から購入した個体からはフロリダ半島産亜種のハプロタイプは検出されなかった。集団のハプロタイプ頻度に基づくAMOVAでは琵琶湖水域の集団間に有意な遺伝的異質性が認められた。これらから、琵琶湖水城には池原貯水池に移殖放流されたフロリダ半島産亜種と共通の系統群が複数回導入されたと考えられた。

To determine the origin of Florida largemouth bass (Micropterus salmoides floridanus) introduced into Lake Biwa, haplotype variation in the control region of mitochondrial DNA (mtDNA) of largemouth bass (Micropterus salmoides) was analyzed for 107 individuals from Lake Biwa and Lake Nishinoko (the Lake Biwa region), 39 individuals from Ikehara Reservoir, and 10 individuals from a fishery company that had previously cultivated Florida largemouth bass. Based on direct sequencing or single-strand conformation polymorphism (SSCP) analysis of the mtDNA control region, 3 haplotypes belonging to northern largemouth bass (M. s. salmoides) and 10 haplotypes belonging to Florida largemouth bass were identified. All four Florida largemouth bass haplotypes from the Lake Biwa region were also observed in Ikehara Reservoir. In contrast, all 10 individuals from the fishery company showed only one haplotype, which belonged to northern largemouth bass. Analysis of molecular variance (AMOVA) based on haplotype frequency indicated heterogeneity among populations within the Lake Biwa region. These results suggest that Florida largemouth bass of the same lineages as those found in Ikehara Reservoir were released multiple times in the Lake Biwa region.

収録刊行物

  • 保全生態学研究

    保全生態学研究 11(1), 53-60, 2006

    一般社団法人 日本生態学会

参考文献:  30件中 1-30件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004781865
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11857952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL 記事登録ID
    9614051
  • NDL 雑誌分類
    ZR1(科学技術--生物学)
  • NDL 請求記号
    Z18-B498
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ