資料 転入高齢者に対する民生委員の関わりの実際と支援のあり方  [in Japanese] The difficulties and coping for relocated elderly in the activity of district welfare commissioners  [in Japanese]

Author(s)

Abstract

転居高齢者の支援のあり方を検討するために、民生委員の転居高齢者への関わりと困ったこと、関わりの工夫、活動に対する思いを明らかにすることを目的とした。民生委員46人へのアンケートと7人のグループインタビューを行い、質的分析を行った。困ったこととして、情報把握が大変、訪問しにくいこと、転入者を阻む地域や組織があることが明らかとなった。転入高齢者に関わる際の工夫として、情報把握の仕方、連携する、関係をつくる、有事に備える、安否を確認する、地域の組織に誘い出し仲間に入れるための具体的な工夫が明らかとなった。活動に対する思いでは、行政から最低限の情報は欲しいこと、誇りを持って地域のために活動したいこと、活動の負担感と限界が明らかとなった。

Journal

  • Journal of nursing and social services

    Journal of nursing and social services (12), 53-60, 2005

    Health Sciences University of Hokkaido

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004785951
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10443956
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13404709
  • NDL Article ID
    7935831
  • NDL Source Classification
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学) // ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障)
  • NDL Call No.
    Z19-B346
  • Data Source
    CJPref  NDL  NII-ELS 
Page Top