スクリプトの構造--2005年の調査から  [in Japanese] Structure of Scripts Based on Investigation in 2005  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究では,現代のスクリプト構造の基礎資料を収集するため,3つの調査(自由産出調査,頻度評定調査,重要度評定調査)を行い,坂根他(1981)の調査結果との比較を行った。自由産出調査の結果,1981年のスクリプト構造と現代のスクリプト構造には大きな差が見出されないことが明らかとなった。また,スクリプト項目の頻度評定ないしは重要度評定との関連から,自由産出における産出率の高いスクリプト項目ほどそれぞれの場面において頻繁に生じ,重要と認識されることが示された。

Journal

  • The journal of liberal arts and sciences, Toyama Medical and Pharmaceutical University

    The journal of liberal arts and sciences, Toyama Medical and Pharmaceutical University (33), 47-59, 2005-12

    University of Toyama

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004786291
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN0017517X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    03876373
  • NDL Article ID
    7813904
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-1065
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top