ファイルシステムを利用した透過性・汎用性の高い連続メディア情報のリモートアクセス手法 A Remote Access Method of Continuous Media Data with High Transparency and Portability Using File Systems

この論文をさがす

著者

抄録

動画像・音声などの連続メディア情報のリモートアクセス手法として,NFSを用いる方式が提案されている.しかし,この方式はQoS制御機能がないため,広域ネットワークなど帯域が十分でない環境では適用できないという問題があった.この間題に対処するため,我々の研究グループではファイルアクセスAPIを拡張して用いる方式を提案してきたが,適用の範囲が限定されるという問題があった.そこで,本稿ではQoS制御可能なファイルシステムを用いた連続メディア情報のリモートアクセス手法を提案する.本手法では,データの低品質化を行う場合,ファイルシステムがメディア情報の形式に沿ったパディングを行い,見かけ上のデータサイズが変わらないよう補完することたよりファイルアクセスAPIを用いる方式の問題に対処する.また,提案方式の実装を行い,本方式が狭帯域ネットワーク経由でアクセスした場合でも有効であることを示す.

NFS-based services have been proposed for transferring continuous media data. However, on a network environment like WAN that does not have enough bandwidth, NFS-based services are not suitable since they do not provide QoS function. To solve this problem, our research group proposed a remote access method of continuous media data by modifying file access APIs. However, the coverage of this method is limited. In this paper, we propose a remote access method of continuous media data using file system which provides QoS function. To solve the problem of the method with file access APIs, when a quality of media data need to be deteriorated, the file system of our method supplements data with padding according to the format of continuous media data so that file size of continuous media data will not be changed. This paper also discuss a design and implementation of the proposed method and shows that our method is effective even on narrow band network environment.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. DPS,マルチメディア通信と分散処理研究会報告

    情報処理学会研究報告. DPS,マルチメディア通信と分散処理研究会報告 126, 1-6, 2006-03-16

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004788448
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10116224
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS 
ページトップへ