教育スタンダードによるカリキュラム政策の展開--ドイツにおけるPISAショックと教育改革  [in Japanese] Curriculumpolitik um die nationalen Bildungsstandards in der Bundesrepublik Deutschland im Zusammenhang mit dem PISA-Schock  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

ドイツでは、TIMSSやPISAなどの国際学力調査において、ドイツの生徒の学力低下とともに、60年代から取り組まれてきた「教育の機会均等」の理念の実現も立ち遅れている制度的課題も映し出された。また、地方分権国家のドイツでは国家的教育スタンダードによるカリキュラムの標準化が進行する一方、教科の再編・統合化の動きがみられる。そして新たな自由競争原理に根ざした改革と同時に、格差是正と平等性の保障が政策ターゲットとして掲げられている。米英型の「新自由主義政策」対独仏型の「社会的不平等の是正に重点を置く政策」という新たなるイデオロギーの対立が生じている情勢にあって、学力向上を目指すドイツのカリキュラム政策はどのような展開をみせているのか、その政策意図(政策ターゲット)と課題を本稿では明らかにするとともに、現代社会に求められる学力モデルについて考察する。

Journal

  • Bulletin Kyushu Institute of Information Sciences

    Bulletin Kyushu Institute of Information Sciences 8(1), 51-68, 2006-03

    九州情報大学

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004792814
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11371994
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13492780
  • NDL Article ID
    8011544
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-C584
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top