悪性グリオーマに対する遺伝子治療(<特集>悪性脳腫瘍の病態と治療) Gene Therapy for Malignant Glioma(<SPECIAL ISSUE>Pathology and Treatment of Malignant Brain Tumors)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 水野 正明 Mizuno Masaaki
    • 名古屋大学大学院医学系研究科遺伝子治療学分野 Department of Molecular Neurosurgery, Nagoya University Graduate School of Medicine
    • 吉田 純 Yoshida Jun
    • 名古屋大学大学院医学系脳神経外科学分野 Department of Neurosurgery, Nagoya University Graduate School of Medicine

抄録

バイオテクノロジー,ナノテクノロジーやコンピュータテクノロジーは,遺伝子治療をはじめとする新しい先端医療を生み出してきた.われわれはその時代の中で,2000年に純国産技術で作り上げた最初の遺伝子治療を悪性クリオーマを対象に行い,その安全性および有効性を確認した.その成果は,名古屋大学医学部附属病院内に設置された先端医療開発施設,遺伝子・再生医療センターに引き継がれた.同センターでは,2006年,そこで作られる先端医療マテリアルの品質を保証するため,ISO9001(2000)および13485(2003)を取得した.この取得は,大学関連施設ではわが国初である.この施設での活動を通して,患者に役立つ新しい先端医療開発を進めていくことになっている.本稿では,われわれが行っている悪性クリオーマに対する遺伝子治療と,それに関連したわれわれの活動を紹介し,これからの先端医療のあり方について展望した.

The merging of bio-technology, nano-technology, and computer technologies has led to the creation of new advanced medical fields including gene therapy. In 2000, we started a clinical trial of the first original gene therapy for malignant glioma based on made-in-Japan technology, and confirmed the safety and effectiveness of this therapy. The results led to the founding of the Center for Genetic and Regenerative Medicine (CGRM), which is an institute to put advanced medicine into practice in our Nagoya University Hospital. In 2006, CGRM gained ISO (International Organization for Standardization) 9001: 2000 and 13485: 2003 accreditation. We are now the first academic institute in Japan to achieve ISO Certification. At CGRM we are making an effort to gain a better understanding of advanced medical services with the goal of ensuring that our patients receive the best available, safe and effective medical services.

収録刊行物

  • 脳神経外科ジャーナル

    脳神経外科ジャーナル 15(10), 700-704, 2006

    日本脳神経外科コングレス

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004812441
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10380506
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0917-950X
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ