戦後沖縄都市の形成と展開 : コザ市にみる植民地都市の軌道 Urban Development in Postwar Okinawa : a case study of a colonial city as seen in Koza

この論文をさがす

著者

抄録

本稿は戦後沖縄都市形成の典型をコザ市(現沖縄市)に求め、米軍占領期間の都市展開を(1)人口集中化、(2)都市空間の出来事、(3)新階層としての基地労働者と軍用地地主の形成から戦後沖縄都市史をとらえることを目的とする。そして米軍基地に従属して形成された「基地の町」が外部都合によって左右され、自らになれないまま漂流する軌道を明らかにする。

The present paper attempts to formulate an historical development of a postwar city of Okinawa from three aspects:(1) the growth of urban population, (2) incidents in the urban place, (3) two newly formed socio-economic groups, military base laborers and expropriated landowners. The paper suggests the vulnerable foundations and uncertain prospects of a colonial city that has been controlled by outside forces.

収録刊行物

  • 沖縄国際大学総合学術研究紀要

    沖縄国際大学総合学術研究紀要 9(2), 23-60, 2006-03-31

    沖縄国際大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004814087
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11135084
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13426419
  • NDL 記事登録ID
    8068644
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-B245
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ