ニューギニアヤリガタリクウズムシについて : 小笠原の固有陸産貝類への脅威

この論文をさがす

著者

    • 大林 隆司
    • 東京都病害虫防除所 小笠原野生生物研究会:(元)東京都小笠原亜熱帯農業センター

抄録

小笠原諸島では現在、さまざまな外来種に対する対策がとられつつあるが、その中で最近よく話題にのぼる"ニューギニアヤリガタリクウズムシ"について、発見から国外・国内の分布拡大までの経緯、小笠原諸島への侵入の経緯、生物的防除の素材としての認識から"侵略的外来種"としての認識への変化を述べるとともに、小笠原諸島における侵入確認後の研究を概説した。また、本種に関する最近の話題(外来生物法、広東住血線虫との関係、小笠原でとられつつある対策)についても述べた。

収録刊行物

  • 小笠原研究年報

    小笠原研究年報 29, 23-35, 2006-03-31

    首都大学東京

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004814808
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00289259
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03879844
  • NDL 記事登録ID
    7926134
  • NDL 請求記号
    Z18-1335
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ