アロマによる白律神経活動と脳活動 Heart rate variability in autonomic Function and Localization of Cerebral Activity during inhalation of perfumed fragrances(Session<Brain Imaging of Emotion>,The 22nd Symposium on Life Information Science)

この論文をさがす

著者

    • 段旭東 DUAN Xudong
    • 東北大学サイクロトロンRIセンター核医学研究部 Division of Nuclear Medicine, Cyclotron and Radioisotope Center, Tohoku University
    • 田代 学 TASHIRO Manabu
    • 東北大学サイクロトロンRIセンター核医学研究部 Division of Nuclear Medicine, Cyclotron and Radioisotope Center, Tohoku University
    • 呉 迪 WU Di
    • 宮城教育大学大学院教育専攻 Division of Music Education, Miyagi University of Education
    • 山家 智之 YAMBE Tomoyuki
    • 東北大学加齢医学研究所病態計測制御分野 Department of Medical Engineering and Cardiology, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University
    • 仁田 新一 NITTA Shin-ichi
    • 東北大学加齢医学研究所臨床医工学研究部 Department of Medical Engineering and Clinical Investigation, Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University
    • 伊藤 正敏 ITOH Masatoshi
    • 東北大学サイクロトロンRIセンター核医学研究部 Division of Nuclear Medicine, Cyclotron and Radioisotope Center, Tohoku University

抄録

精神的負荷の反応は自律神経機能の変化として捉えられる。その評価の指標としてホルター心電図による心拍変動(heart rate variability)解析を用い、ラベンダーの香りが自律神経活動の変動に及ぼす影響について検討した。また、ポジトロン断層装置(PET)を用いて脳内集積を画像化し、ラベンダーの香りによる脳の活動度も検討した。対象は健常成人女性10名(平均年齢23.8±2.5歳)とした。ラベンダー香りを含んだ湿布を30分間添付したことにより、HFが上昇し、LF/HFが低下することがみられ、副交感神経が増加すると考えられた。また、PETによりこのとき、左後部帯状回の活動の上昇が、右側頭葉での活動の低下が見られた。これらの脳部位は、リラクゼーションのみでなく覚睡レベルの上昇の可能性を示唆するものであった。

Changes in autonomic nervous activity are induced by emotional stress. Determined whether power spectral analysis of heart rate variability (HRV) could detect changes in autonomic tone following relaxation smelling lavender aroma. Healthy young women subjects (n=10, 23±3 years) underwent continuous electrocardiographic (ECG) monitoring before and after the fragrance was administered. HRV was expressed as low (0.04-0.15Hz) and high (0.15-0.40Hz) frequency components (LF, HF) and the LF/HF ratio. Increases of parasympathetic tone were suggested after smelling lavender aroma as seen in increases in HF and decreases in LF/HF. FDG-PET measurements revealed metabolic reductions in the right superior temporal gyms and right postcentral gyrus and activations in the left posterior part of the cingulate gyrus. These results implied that smelling lavender aroma induced not only relaxation but also increased arousal level in these subjects.

収録刊行物

  • J Intl Soc Life Info Sci

    J Intl Soc Life Info Sci 24, 383-395, 2006

    国際生命情報科学会

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004814863
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11451903
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    13419226
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ