人工口腔装置におけるスクロースのう蝕原性に及ぼす二糖類キシロシルフルクトシドの影響について Effect of Disaccharide Xylosylfructoside on Sucrose Cariogenicity in an Artificial Mouth System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鴨田 剛司 KAMODA Takeshi
    • 日本歯科大学生命歯学部衛生学講座 Department of Oral Health, School of Life Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University
    • 今井 敏夫 IMAI Toshio
    • 日本歯科大学生命歯学部衛生学講座 Department of Oral Health, School of Life Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University
    • 佐藤 勉 [他] SATO Tsutomu
    • 日本歯科大学生命歯学部衛生学講座 Department of Oral Health, School of Life Dentistry at Tokyo, The Nippon Dental University
    • 今井 奨 IMAI Susumu
    • 国立保健医療科学院口腔保健部 Department of Oral Health, National Institute of Public Health

抄録

甘味二糖類キシロシルフルクトシド(XF)が歯面へのミュータンスレンサ球菌の付着や,非水溶性グルカンの合成を効果的に阻害することが報告されている.本研究はin vitroの実験系と,う蝕誘発過程に重要なバイオフィルム形成,バイオフィルム直下のpH,エナメル質脱灰度を同時に検討できる人工口腔装置による評価系を用いて,XFのう蝕誘発性およびスクロースのう蝕誘発性に及ぼすXFの抑制効果を検討した.ガラス試験管に1%スクロースと1〜5%XFをそれぞれ含む培地に,S. mutans MT8148を植菌し,培養を行った.その結果,XFはガラス管壁付着性の非水溶性グルカン量と菌体量を濃度依存的に抑制した.また人工口腔装置において,1%XFは1%スクロース存在下における人工バイオフィルム形成やエナメル質脱灰度は抑制しなかったが,2.5%XFは人工バイオフィルム直下のpHをほとんど低下させず,人工バイオフィルム形成量,エナメル質脱灰度を有意に低下させた.以上のことから,XFは濃度によってスクロースのう蝕誘発性を部分的に抑制することが示唆された.

It has been reported that xylosylfructoside (XF) effectively inhibited the synthesis of water-insoluble glucan (WIG) and adherence of mutans streptococci to smooth surfaces. The purposes of this study were to examine the cariogenicity of XF and assess the inhibitory effect of XF against the cariogenicity of sucrose using culture and artificial mouth systems. S. mutans MT8148 was cultured in heart infusion broth containing 1% sucrose with 0-5% XF in a glass test tube. The amounts of WIG and bacterial cells in the adherent fraction were significantly inhibited by XF in a dose-dependent manner. In the artificial mouth system, 1% XF did not inhibit the formation of artificial biofilm and enamel demineralization in the presence of 1% sucrose, but 2.5% XF significantly inhibited the formation of biofilm on enamel slabs, pH decrease underneath the biofilm, and enamel demineralization, suggesting that an appropriate concentration of XF could inhibit, in part, the cariogenicity of sucrose.

収録刊行物

  • 口腔衛生学会雑誌

    口腔衛生学会雑誌 56(3), 281-288, 2006

    一般社団法人 口腔衛生学会

参考文献:  33件中 1-33件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004815016
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00081407
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0023-2831
  • NDL 記事登録ID
    8057062
  • NDL 雑誌分類
    ZS44(科学技術--医学--歯科学・口腔外科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-144
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ