Exercises in the Yokohama Dialectと横浜ダイアレクト Exercises in the Yokohama Dialect and Yokohama Dialect

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿は、開港のころ横浜居留地で発生した横浜ダイアレクトの唯一まとまった資料であるExercises in the Yokohama Dialectについて、出版状況を当時の資料により検討し、初版が1873年に出たことなどを明らかにした。また、横浜ダイアレクトの使用者・使用場面について当時の資料を参考に考察し、少なくとも1861年以降の横浜で外国人と日本人の接触場面における商談などが双方向のピジン日本語で行われたこと、そのピジン語を記述した資料としてExercisesが信頼性のある文献であることを確認した。さらに、後世の日本語文献で取り上げられている「横浜言葉」とその資料として使われた「異国言」などの資料を検討し、開港当時の日本人が英語のピジンを話していた証拠とすることができないことを主張した。

This paper first examines the publication date of Exercises in the Yokohama Dialect, the only sizeable source material for the Yokohama Dialect, a Japanese pidgin that formed in the early 1860s soon after the opening of the port of Yokohama, establishing that the first edition appeared in 1873. By examining contemporary Japanese sources, it is further documented that by no later than 1861, business talk between foreigners and Japanese was being conducted in this pidjin-Japanese by both parties, and that Exercises in the Yokohama Dialect is a reliable source for this pidjin. The remainder of the paper examines Yokohama kotoba, a term used in later works written in Japanese, and the contemporary Ikokugen, which has been cited as a source material for Yokohama kotoba, and claims that these can not be regarded as proof that an English-based form of pidgin was used in Yokohama around the time of the opening of the port.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 1(1), 35-50, 2005

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004818977
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    7239089
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ