発達ロボティクスからみた模倣とコミュニケーションのなりたち

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小嶋 秀樹
    • 情報通信研究機構けいはんな情報通信融合研究センター

抄録

「他者の意図(目的を達成するための行為プラン)を再現すること」としての模倣は,ヒトという生物種を特徴づける問題解決・学習ストラテジーである.模倣能力をもったロボットを実現できれば,言語や慣習などさまざまな社会的スキルを,観察と実践をとおして獲得させることができる.では,ヒトはどのようにして目に見えない他者の意図を目に見える身体動作から読みとるのだろうか.ロボットによる他者意図の読みとりを可能にするには,どのような機能が必要だろうか.本論文では,ヒト乳幼児のコミュニケーション発達を手がかりとして,模倣を成り立たせている認知メカニズムについて考察してみたい.

収録刊行物

  • バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms

    バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms 29(1), 26-30, 2005-02-01

    バイオメカニズム学会

参考文献:  15件中 1-15件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004820265
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00334047
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    02850885
  • NDL 記事登録ID
    7256534
  • NDL 雑誌分類
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z14-853
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ