良質な睡眠のための環境づくり : 就寝前のリラクゼーションと光の活用  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 北堂 真子
    • 松下電工株式会社 電器事業本部 電器R&Dセンター 健康科学研究所

Abstract

日常生活においてストレスを強く感じていたり興奮状態にある場合には,相対的に寝つきにくくなったり睡眠中に中途覚醒を生じたり,翌朝起きにくくなったりすることを誰しも経験している.また,寒暑感や騒音,明るさなどが原因となって睡眠が妨げられる場合もある.本稿では,ストレス負荷状態や興奮状態にある場合とそうでない場合についての生理反応および入眠経過の違いと,スムーズな入眠のための就寝前の準備について解説するとともに,睡眠環境因子の中でもとりわけ大きな影響を及ぼすと考えられる光・照明をとりあげて,生体への作用の解説と上手な活用方法についての紹介を行う.

Journal

  • Journal of the Society of Biomechanisms

    Journal of the Society of Biomechanisms 29(4), 194-198, 2005-11-01

    Society of Biomechanisms Japan (SOBIM)

References:  21

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004820303
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00334047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    02850885
  • NDL Article ID
    7745100
  • NDL Source Classification
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z14-853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top