夢とREM, NREM睡眠 : 夢はいつ起こっているのか  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

    • 鈴木 博之
    • 国立精神・神経センター精神保健研究所 精神生理部

Abstract

夢が睡眠中のいつ起こっているかという疑問に対し,REM睡眠中に起こるという解答が既に得られていると一般的には考えられている.しかし,NREM睡眠時の夢の存在を主張する研究者も多く,夢発生のメカニズムに関しては未だ議論が続いている.従来の夢研究には,報告された夢が目覚める以前のいつ起こった体験か確認することが出来ないという方法論的問題点があった.そのため,夢とREM・NREM睡眠の明確な対応関係は検討されてこなかった.この問題点を解決するために,我々は20分間の睡眠区間を40分間の間隔をおいて78時間連続して繰り返し,各睡眠区間後に得られた夢と20分間の睡眠状態の関係を検討した.その結果得られたREM・NREM睡眠時それぞれの夢の特徴と,今回初めて明らかになった夢発生の概日変動について解説する.

Journal

  • Journal of the Society of Biomechanisms

    Journal of the Society of Biomechanisms 29(4), 199-204, 2005-11-01

    Society of Biomechanisms Japan (SOBIM)

References:  26

Cited by:  2

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004820304
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00334047
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    02850885
  • NDL Article ID
    7745109
  • NDL Source Classification
    ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL Call No.
    Z14-853
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top