携帯端末向けソフトウェア異常検知技術 Anomaly Detection Technique for Mobile Terminals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

PCやサーバ、携帯電話など、すべての計算機は外部もしくは内部からの攻撃にさらされている。われわれはこの中でも携帯電話を攻撃から守るために、スタック情報を用いたソフトウェアの動作検証方法に注目した。携帯電話など処理能力の低い計算機において、動作を検証するシステムを搭載するためには、限られた資源での処理の高速化、使用メモリ量の抑制が重要となる。そこで、われわれは低速なメモリアクセスを伴うスタック探索を簡略化し、オーバーヘッドを低減することを試みた。We propose an anomaly detection technique, which achieves low overhead. It monitors issuing pattern of system and function calls, and makes probability models of software behavior by learning. To apply this technique to mobile terminals, it is necessary to speed up the process and reduce the memory size because of limited resources of mobile terminals. In this study, we propose the method for reducing overhead of the anomaly detection software by simplifying the stuck trace. As a result of preliminary experiments, it is recognized that our method can be effective.

We propose an anomaly detection technique, which achieves low overhead. It monitors issuing pattern of system and function calls, and makes probability models of software behavior by learning. To apply this technique to mobile terminals, it is necessary to speed up the process and reduce the memory size because of limited resources of mobile terminals. In this study, we propose the method for reducing overhead of the anomaly detection software by simplifying the stuck trace. As a result of preliminary experiments, it is recognized that our method can be effective.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS)

    情報処理学会研究報告システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS) 2006(44(2006-OS-102)), 1-8, 2006-05-12

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004821142
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10444176
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    7936535
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ