複合導電性高分子(Ppy/PAT)への書込みと再書込について Writing and re-writing of composite conducting polymer(Ppy/PAT)

この論文をさがす

著者

抄録

ニューロン型導電性高分子が合成されそのネットワーク化が可能となった。このネットワークのパス部の導電率を通過信号に応じて変化させることができれば新たなデバイスとしての可能性が出てくる。導電性高分子を複合化(ポリピロール/ポリ(3-アルキルチオフェン); Ppy/PAT)させることにより導電率の制御が可能なことが見いだされたので、これをニューロン型導電性高分子のパス部に実現させ書き込みが可能なことを確かめた。また、メモリデバイスあるいはニューロンデバイスを考えた場合,通過パルスに応じた書込みあるいは訂正,再書込みが重要になってくる。この書込みはドープ・脱ドープに基づいているため,速度的には速いものは期待できないが,面積的な処理で補えると考えている。本報告では書込み信号としては一極性交流信号を用い、ニューロン型導電性高分子の1部の書き込みと複合導電性高分子フィルムを用いて書込みと再書込について実験,考察を行なっている。

Neuron-type conducting polymer networks have been prepared electrochemically. If the network has paths whose weights change with signals flowed in the paths, a new device can be considered. Conductivity of a composite conducting polymer of polypyrrole and poly (3-alkylthiophene) (Ppy/PAT) has been controlled by the signal. If a neuron-type conducting polymer is made of composite conducting polymer, memory device or neural network device can be proposed. The writing time is long since the writing/rewriting method utilizes the mechanism of dope/undope. This weak point is, however, compensated by the area effect of writing/rewriting. In this paper, the memory effect of the branch of the composite neuron-type conducting polymer has been confirmed and writing /rewriting on composite conducting polymer film has been considered.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス

    電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス 106(252), 29-33, 2006-09-18

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004823657
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013334
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8082236
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ