説明の構造とアニメーション化 Use of Explanation Structures for Animation

この論文をさがす

著者

抄録

図表やグラフの目的の一つは,データの特徴を他者に伝えるためにある.しかし,陽な説明がなければ,意図が相手に正確に伝わるとは限らない.本稿では,説明の構造記述から,擬人化エージェントによる説明(プレゼンテーション)のアニメーションを生成するシステムDataPresenterを紹介する.説明の構造は,プレゼンテーションツリーとよばれる木構造のデータで表現され,また,表やグラフが本来持つ構造を利用して,記述を容易にしている.このツリー構造を走査する際に,説明文とジェスチャのテンプレートを参照することにより,エージェントによるアニメーションが生成される.

This paper discusses the use of explanation structures for automatic explanation of tables and graphs, and then introduces a prototype system called DataPresenter. In the DataPresenter, a user edits a table and/or a series of tables on Microsoft Excel, and also specifies the presentation contents for explaining the tables and their associated graphs in the form of tree structure, called presentation tree. The system then generates animated presentation by an agent. Traversing the presentation tree then yields speech texts for explaining the tables and graphs, and the resultant texts animate the agent.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告. CG,グラフィクスとCAD研究会報告

    情報処理学会研究報告. CG,グラフィクスとCAD研究会報告 124, 73-78, 2006-08-17

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004824174
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10100541
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    8048527
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ