マルチオーバレイと分散エージェントの機構を統合化したP2PプラットフォームPIAX PIAX: A P2P Platform for Integration of Multi-Overlay and Distributed Agent Mechanisms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ユビキタス環境におけるアプリケーションでは、ユーザの位置を同定した上で、物理的、意味的に近傍に位置するオブジェクトを探索し、発見された情報やサービスを相互に連携させて高度なサービスを実現する枠組みが必要となる。本研究では、分散環境上に散在する情報やサービスを連携させるシステムの1つの実現形態として、P2PエージェントプラットフォームPIAXを提案する。PIAXでは、能動的に動作するエージェントに、オーバレイネットワークの持つ強力な資源探索機能を融合させることで、ユビキタス環境におけるユーザの位置や、情報間の関係に基づくサービスの発見と連携をスケーラブルに実現する。また、エージェントによる複数のサービス主体が相互に発見・連携するための簡便なAPIを提供し、高い開発効率でアプリケーション構築を可能としている。本稿では、PIAXの設計と現状、ならびに今後の課題等について述べる。In the ubiquitous environment, applications must identify the user's current location, discover objects which are located near the users both physically and semantically, and combine the discovered objects to realize highly intelligent services. In this study, we propose a new P2P-based agent platform called 'PIAX', to realize such services. PIAX achieves scalable discovery and automatic cooperation of distributed services by the combination of active agents and resource discovery function of the overlay network. Moreover, PIAX provides simple and strong discovery-messaging API for efficient development of applications. In this paper, the basic design of PIAX, its current status and facing problems to be solved are described.

In the ubiquitous environment, applications must identify the user's current location, discover objects which are located near the users both physically and semantically, and combine the discovered objects to realize highly intelligent services. In this study, we propose a new P2P-based agent platform called 'PIAX', to realize such services. PIAX achieves scalable discovery and automatic cooperation of distributed services by the combination of active agents and resource discovery function of the overlay network. Moreover, PIAX provides simple and strong discovery-messaging API for efficient development of applications. In this paper, the basic design of PIAX, its current status and facing problems to be solved are described.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS)

    情報処理学会研究報告マルチメディア通信と分散処理(DPS) 2006(96(2006-DPS-128)), 43-48, 2006-09-15

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004824291
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10116224
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    8081114
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ