高速ネットワークにおけるインラインネットワーク計測手法の実装に関する検討および性能評価 Implementation issues on inline network measurement algorithms in gigabit networks

この論文をさがす

著者

抄録

我々の研究グループでは,アクティブなTCPコネクションのデータ転送を利用して帯域を計測するインラインネットワーク計測という概念を提案している.この概念に基づいた計測手法には,利用可能帯域を計測するための余計なトラヒックを必要とせずにアクティブ計測が可能であるという利点が存在する.しかしながら,インラインネットワーク計測手法を汎用コンピュータへ実装する場合,カーネルシステムの時間粒度,ネットワークインターフェースによる割り込み削減機構(IC:Interrupt Coalescence),受信側TCPの動作などに関する問題が発生する.本稿では,インラインネットワーク計測手法の実装時に問題となる点について説明し,それらに対する解決策を示す.さらに,本稿ではインラインネットワーク計測手法をFreeBSD 4.10へ実装し,実験ネットワークを用いた実装実験を行う.実装実験を通じて,我々の提案しているインラインネットワーク計測の概念が実ネットワークにおいても有効であることを示す.

We have proposed the concept of inline network measurement, which involves the concept of "plugging" an active bandwidth measurement mechanism into an active TCP connection. Mechanisms using this method have the advantage of requiring no extra traffic for measuring available bandwidth. However, when the inline network measurement algorithms are implemented in general-purpose computers, some problems arise, such as the clock resolution of the kernel system, Interrupt Coalescence (IC) deployed in network interface cards, and the behavior of TCP receiver. In the present paper, we explain these difficulties and describe our current solutions. Furthermore, we implement the measurement algorithms and the solutions against those problems in a FreeBSD 4.10 kernel system, and present some results on experimental networks. The experimentally obtained results are used to verify the solutions and to confirm the effectiveness of our concept, inline network measurement, on actual networks.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク

    電子情報通信学会技術研究報告. IN, 情報ネットワーク 106(151), 73-78, 2006-07-06

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004833239
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8016879
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ