電子掲示板における議論内容把握のためのビジュアルコミュニケーションデザイン要素の評価 : 参加者の「発言傾向」と「活性度」に着目した可視化方法の検討(研究論文) Evaluation of Visual Communication Design Elements for Grasping the Content of Discussion on Bulletin Board System : The Method of Visualizing Participant's Discussion and Activation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,電子掲示板は,会議など協調的な活動の場としても多く利用され.そこで行われる議論の参加者がその議論の内容を的確に把握できることが必要とされている。このような電子掲示板を用いた協調活動支援に関して,多分野で多くの研究が行われているが,そのなかでビジュアルコミュニケーションデザインに着目しその評価を行ったものはまだ少ない。本研究では,電子掲示板での議論参加者が,その議論内容を把握することを促進するような機能について,ビジュアルコミュニケーションデザインの観点から検討し,それらの実装と評価を行うことを目的としている。まず.先行して開発されたコレスポンデンス分析を利用した議論内容の可視化表現における問題点を抽出した。そして,それを改善するようなビジュアルコミュニケーションデザイン要件の整理を行い.新たな指標を付加したツール(i-Bee)を開発した。評価の結果,新たに実装した指標とその表現が適切に機能し,参加者がより正確に情報を受け取ることができたことが示された。

In online discussion, sometime people get confused about what kind of topic they are talking about. So it is necessary for participant to grasp the topic of their discussion. Many prior research related to BBS have been conducted. However few researchers focused on the "visual communication design(VCD)" when they try to consider how the interface of BBS should be. The purpose of this paper is to develop and to evaluate the special function which allows participant to understand what kind of topics they discuss in BBS from the viewpoint of "VCD". At first, we point out the one problem of the previous system which can visualize the discussion by correspondence analysis. Then, we re-examnine it from the VCD and incorporate some new expressions into and remodel it. As the evaluation of the new system, we find how effective it is and how accurately participant understand the topic of their discussion.

収録刊行物

  • デザイン学研究

    デザイン学研究 53(3), 1-10, 2006

    日本デザイン学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004837486
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00150292
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0910-8173
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ