ジャスミンの匂いが心拍変動に与える影響 Influence of Jasmine Fragrance on Heartbeat Fluctuation(Research Report,The 21st Symposium on Life Information Science)

この論文をさがす

著者

抄録

アロマセラピーの研究においては、匂いが自律神経に与える影響を調査することが重要である。本研究ではジャスミンの匂いが自律神経に与える影響を心拍変動のパワースペクトルのHF(high frequency)成分とLF(low frequency)成分の変化から調べた。本実験における被験者は、ジャスミンの匂い刺激によりパワースペクトルのHF成分は有意変化を示さなかったが、LF成分が有意に増大した(p<0.01)。このことは副交感神経の活動増大(または精神性負荷減少)が起こることを示唆した。

For aromatherapy research, it is necessary to determine how the autonomous nerve system activities are influenced by fragrance. In this paper, the effect of jasmine fragrance on the autonomous nerve system was examined for a subject in terms of changes in HF (high frequency) and LF (low frequency) components of the power spectra of pulse rate fluctuations. The LF component increased significantly (p<0.01), although the HF component had no significant change for the subject. The experimental result suggested that the activity of the parasympathetic nerve was increased by jasmine fragrance.

収録刊行物

  • Journal of International Society of Life Information Science

    Journal of International Society of Life Information Science 25(1), 121-125, 2006

    国際生命情報科学会

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004848824
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11451903
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    雑誌論文
  • ISSN
    13419226
  • データ提供元
    CJP引用  NII-ELS 
ページトップへ