適応型e-ラーニングに必要な診断的テスト機構 Diagnostic Testing Mechanism for Adaptive e-Learning Sytems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

学習者の状態により提示する教材を変化させる適応型e-ラーニングにおいて、教材の提示順序を含むシーケンシングを適切に行うには学習者の理解度を把握する事が重要である。本稿では、そのためのテスト機構を提案する。この機構を有効に働かせるための教材の記述と、その中でのテスト機構の機能と記述について述べる。In an adaptive e-laerning system, teaching materials are presented to learners according to their understanding levels or test results. For such objectives, it is important to trace learners' learning processes and grasp their understanding levels apropriately. In this paper, we propose a new testing mechanism: how to describe tests, how to give them to leaners, and how to evaluate their results.

In an adaptive e-laerning system, teaching materials are presented to learners according to their understanding levels or test results. For such objectives, it is important to trace learners' learning processes and grasp their understanding levels apropriately. In this paper, we propose a new testing mechanism: how to describe tests, how to give them to leaners, and how to evaluate their results.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS)

    情報処理学会研究報告データベースシステム(DBS) 2006(77(2006-DBS-140)), 21-26, 2006-07-12

    一般社団法人情報処理学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004849302
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10112482
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • NDL 記事登録ID
    8004756
  • NDL 雑誌分類
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL 請求記号
    Z14-1121
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ