環境知能の実現に向けた分野横断型研究の試み : 新しい「環境」における新しい「知」へ A Transdisciplinary Approach to Human-Computer Interaction with Kankyo Chinou : towards new "intellect" in future "environments"

この論文をさがす

著者

抄録

NTTコミュニケーション科学基礎研究所では,2005年より「環境知能」をテーマとした研究プロジェクトを進めている.このプロジェクトの目的は,音声処理,音響処理,言語処理,対話,視覚情報処理,探索,学習,ネットワークなどのコミュニケーションのための情報処理技術を有機的に統合することにあり,それによって実現される新たな生活様式の提案も視野に入れている.本稿では,この取り組みの狙いとこれまでの進展を紹介する.

A research project on "ambient intelligence"(Kankyo Chinou in Japanese) was launched two years ago by NTT Communication Science Laboratories that targeted new lifestyles made possible by communication science. Research activities on "ambient intelligence" should bridge the boundaries between technological fields and thus cover the entire field of communication science, rather than be limited to specific fields. Besides performing the basic R&D, we are striving to get this concept established in a comprehensive and strategic way. This article introduces achievements made in this project and the details of the developed demonstration systems.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語

    電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語 106(296), 51-56, 2006-10-12

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004851952
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10449078
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8539400
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ