日本の熱水噴出域および冷水湧出域に生息する軟体動物 : 過去20年間に記録された分類群の総括 Molluscs from Hydrothermal Vents and Cold Seeps in Japan : A Review of Taxa Recorded in Twenty Recent Years (1984-2004)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2004年までに日本の熱水噴出域および冷水湧出域から記録された軟体動物を総括し,リストを作成した。記録された74種(多板綱2種,二枚貝綱30種,腹足綱42種)のそれぞれについて,ホロタイプの所蔵先と登録番号,模式産地,地理的分布域・生息深度,生息環境を列挙した。他の環境・地域との比較により,日本の熱水噴出域および冷水湧出域に生息する軟体動物相には下記のような特徴があるといえる。(1)日本の周辺はシロウリガイ属の多様性が世界で最も高い海域である。(2)大型になる二枚貝類では,シンカイヒバリガイ属がその次に多様性が高い。(3)多くの種は熱水噴出域または冷水湧出域のどちらかに固有であるが,シロウリガイ属とシンカイヒバリガイ属には両者の環境に生息する種がある。(4)深海の軟体動物相を特徴づける原鰓亜綱はきわめて乏しく,異靭帯亜綱は全く記録されていない。(5)熱水噴出域または冷水湧出域に固有の笠型貝類の種が多い。(6)ネオンファルス科に分類されているカイコウケシッブシタダミを除き,ネオンファルス上科の種は分布していない。(7)新生腹足類ではハイカブリニナ属が多く,ハイカブリニナ科の大型種,アルビンガイ属(Alviniconcha)やヨモツヘグイニナ属(Ifremeria)は日本には分布していない。(8)タマガイ科の捕食者は化石記録では過去にシロウリガイ類を捕食していたことが知られているが,現生の群集では確認されていない。(9)新腹足目に属する肉食者の一部は,周囲の環境から一時的に化学合成群集に侵入する種である。(10)沖縄トラフから記載された多板綱2種は,熱水噴出域に生息する多板類の世界で唯一の記録である。(11)溝腹綱,尾腔綱,単板綱,掘足綱,頭足綱は海外の産地では報告例があるが,国内の産地からは発見されていない。

Molluscs hitherto recorded from deep-sea vent/seep environments in Japan are reviewed and listed based on various literature published up to 2004. Compiled data on holotype depositories and type localities as well as detailed distribution records with geographic and depth ranges, and type of habitat (vents and/or seeps) are given for each of 74 recorded species (2 polyplacophorans, 30 bivalves and 42 gastropods). Comparison of faunas at various localities revealed the following characteristics: 1) The Japanese vent/seep fauna is typified by the highest diversity of Calyptogena in the world. 2) Bathymodiolus is the second most diversified large-sized bivalve in Japanese vents and seeps. 3) Conspecific populations of Calyptogena and Bathymodiolus have been proven to occur both in vents and in seeps, but most other molluscan taxa are obviously either vent-or seep-specific. 4) Two major groups of deep-sea bivalves, protobranchs and anomalodesmatans, are rare or totally absent, in contrast to non-vent/seep environments. 5) Vent/seep-endemic limpets are highly diversified. 6) Neomphalids and peltospirids (so-called 'hot vent taxa') are absent, except for a single species. 7) Among caenogastropods, small-sized provannids (Provanna) are dominant, rather than large-sized ones (Alviniconcha and Ifremeria). 8) Naticid predators have never been found in the Recent fauna, although fossil records suggest their presence in seeps in the geologic past. 9) Some species of neogastropod predators have been reported as temporal invaders from the ambient environment. 10) Two species of chitons from vents in the Okinawa Trough represent the only record of polyplacophorans from chemosynthetic communities in the world. 11) No aplacophorans, monoplacophorans, scaphopods or cephalopods have been collected at Japanese vent/seep sites.

収録刊行物

  • Venus (Journal of the Malacological Society of Japan)

    Venus (Journal of the Malacological Society of Japan) 64(3-4), 87-133, 2005

    日本貝類学会

参考文献:  103件中 1-100件 を表示

  • 1 / 2
  • 1 / 2

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004856842
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11565254
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    1348-2955
  • NDL 記事登録ID
    7775174
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-27
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ