マハタ仔魚のワムシサイズに対する摂餌選択性 Food selectivity of seven-band grouper Epinephelus septemfasciatus larvae fed different sizes of rotifers

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

マハタ仔魚にサイズの異なるワムシ(被甲長 90~241 μm)を給餌し,仔魚の成長に伴うワムシサイズに対する摂餌選択性の変化を調べた。マハタ仔魚は,摂餌開始(開口直後:体長 2.0 mm)から体長 3.0 mm 未満では被甲長 101~160 μm のワムシを摂餌し,体長 3.0~4.0 mm では 121~180 μm のワムシを,体長 4.0 mm 以上の仔魚は被甲長 161 μm 以上のワムシを選択的に摂餌することが分かった。これより,本種の仔魚飼育では,開口から体長 3.0 mm までは被甲長 160 μm 以下の小型ワムシ,それ以降は大型ワムシの給餌が適していると判断された。<br>

  We investigated feeding selectivity on different sizes of rotifers (lorica length 90-241 μm) of seven-band grouper <i>Epinephelus septemfasciatus</i> larvae. Larvae ranging from 2.0 mm in standard length (SL, first feeding) to 3.0 mm SL positively selected 101-160 μm rotifers, while larvae ranging from 3.0-4.0 mm SL selected 121-180 μm rotifers. Fish bigger than 4.0 mm SL showed a preference for over 160 μm rotifers. In seedling production of this species, small-sized rotifers (<160 μm) are necessary during the first feeding (<3.0 mm SL), and large-sized rotifers (≧160 μm) are appropriate for larvae bigger than 3.0 mm SL.<br>

収録刊行物

  • 日本水産学会誌

    日本水産学会誌 71(6), 911-916, 2005-11-15

    社団法人日本水産学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  8件中 1-8件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004857130
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00193422
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00215392
  • NDL 記事登録ID
    7751184
  • NDL 雑誌分類
    ZR26(科学技術--農林水産--水産)
  • NDL 請求記号
    Z18-345
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ