Web2.0が導く新たな地平 新しい図書館システムを求めて(<特集>図書館とWeb2.0) Web2.0 and new library system(<Special feature>Web2.0 and library)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

「Web2.0」という言葉は,これからの社会のあり方を多くの人々に考えさせる機会を与えた。今までの図書館システムとデータは,個々のシステムの更新にともなって,システムの再構築,データの再編成がなされてきたが,「Web2.0」的図書館システム観では,長期間にわたり継続使用ができるようになる。図書データも,全文フルテキストデータやイメージデータを持つ超巨大データベースが出現しており,今後図書館システムとの連携が期待される。図書をスキャンする技術も向上し,個人が電子図書館を構築することも可能になるだろう。

"Web2.0" offered us an opportunity to think about the paradigms of our society. The library systems were reconstructed and its data were rearranged due to the individual update of traditional library system and its data. In Web2.0 based library system, long term continuous use will be possible. The emergence of a super giant database with Book data containing full text and image data is anticipated to coordinate with future library system. The scanning technology will be improved and construction of personnel digital library will be possible.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 56(11), 514-519, 2006

    一般社団法人 情報科学技術協会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004857464
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    8517639
  • NDL 雑誌分類
    ZU8(書誌・図書館・一般年鑑--図書館・ドキュメンテーション・文書館)
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ