近畿北部,田倉山(宝山)火山のスコリア丘の層序と溶岩台地の基盤形態について Stratigraphy of the scoria cone and the basemental morphology of the Takurayama volcano, northern Kinki district, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

田倉山火山は,スコリア丘と溶岩台地からなる.溶岩は下位から小倉・衣摺・田倉山溶岩の3種に区分され,スコリア丘は田倉山溶岩流出後に形成されたことがわかっている(田倉山団研1984).スコリアの風化が進んでいるため,スコリア丘の層序をスコリア中の重鉱物組成によって確立することは困難であったが,新たにスコリア中に残る鉄-チタン鉱物の化学組成の分析を行ない,田倉山溶岩とスコリア丘を構成するスコリア層を対比した.また,JR夜久野トンネル工事のボーリングコアや工事中の露頭から得た試料により,溶岩の基盤岩の形態を検討した結果,田倉山団研(1984)が述べた基盤岩の高まりは見られないことがわかった.

The Takurayama volcano is composed of lava plateaus and a scoria cone. The lavas are classified into three members, the Ogura, Kinuzuri and Takurayama lavas in ascending order. The scoria cone was formed after the eruption of the Takurayama lava. As the scoria is deeply weathered, the stratigraphic correlation using heavy minerals is difficult. The chemical composition of the preserved Fe-Ti oxides in scoria and lavas revealed that the scoria cone was genetically related with the Takurayama lava. The geological section along the Yakuno Tunnel is reinvestigated based on the petrographical study of core samples, and the basemental upheaval is not identified.

収録刊行物

  • 地球科学

    地球科学 58(1), 17-24, 2004

    地学団体研究会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004860736
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00141269
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0366-6611
  • NDL 記事登録ID
    6880449
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-171
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ