青森県尾太鉱山跡地の廃水中から発見されたマンガン団塊 Discovery of the manganese nodule in ground water from the Oppu Mine, Aomori Prefecture, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは,青森県尾太鉱山跡地坑道内において,廃水性マンガン団塊を発見した.本マンガン団塊は,15年以内で形成されたものである.粗粒から中礫サイズのこのマンガン団塊は,ブドウ状表面構造を有すマンガンクラスとともに産出するが,それらは微生物のマットと思われる物質が広く発達している中に認められる.いくつかのマンガン団塊のコアや表面には微生物と思われる物質が含まれていた.今回発見されたマンガン団塊は全て球状を呈し、層構造を有すが,それらは深海のマンガン団塊の形状(Meylan 1974)で示すとs-m[SDP]sまたはs-m[SDP]s+rに分類される.本マンガン団塊が微生物的物質と共に存在することから,本マンガン団塊の形成には,微生物的物質が関係していると考えられる.

The authors found ground water origin manganese nodules which were been in the Oppu Mine in Aomori Prefecture, Japan. The manganese nodules have formed in less than 15 years. The manganese nodules sized between granule and pebble occurred with manganese crust in the well-developed seem microbe of mat materials. Microbe material are present in cores and surface of some manganese nodules. All of the manganese nodules were spherical and having layered structure which were classified into s-m[SDP]s or s-m[SDP]s+r types according to deep-sea manganese nodules form (Meylan 1974). The manganese nodules are existent with microbe materials suggesting the genetic relation to the microbe materials.

収録刊行物

  • 地球科学

    地球科学 58(6), 375-388, 2004

    地学団体研究会

参考文献:  32件中 1-32件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004860786
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00141269
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0366-6611
  • NDL 記事登録ID
    7166336
  • NDL 雑誌分類
    ZM41(科学技術--地球科学)
  • NDL 請求記号
    Z15-171
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ