ブラジャーの官能評価に基づく判定者の類型化 : 若年女子について  [in Japanese] Classification of Evaluators Based on Evaluated Values in a Sensory Test of Brassieres : A Case Study of Young Adults  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ブラジャーは女子の肌に密着するファンデーションとして,消費者の感性的ニーズをデザインに反映させる必要がある.消費者の好みや感性をデザインに活かすには,評価した人の特性を評価し,類型化することが必要となる.そこで,本研究では日本人若年女子193名にタイプの異なるブラジャー5種を対象として官能評価を行わせ,ブラジャーの特性を明らかにした上で,判定者の類型化を行った.ブラジャーに共通した因子として,ズレ感,揺れ感,圧迫感,整容感,背面・脇押え感を抽出した.特にズレ感や揺れ感の因子は寄与率が高く,また総合的な着心地との相関が高かった.タイプ別に導出した判定者の因子スコアを原データとしてクラスタ分析を行い,判定者を4クラスタにパターン分類した.クラスタごとに官能評価結果を分析することにより,評価の深層を浮かび上がらせることが可能になるということが示唆された.さらに評価結果は,判定者がブラジャーについてどのような感覚が強いか,ひいてはブラジャーに何を要求しているかを表すものと考えることができる.判定者が多ければ,判走者のクラスタはそのまま消費者のクラスタと考えられ,官能評価分析の結果をニーズに基づく商品設計に応用できるはずである.しかし,官能評価の判定者の反応が多様であることから,官能評価の方法や商品設計について考えさせられる点が多かった.本研究では4クラスタに分類したが,ほとんどの項目に中間の評価をするクラスタ1の判走者が多く含まれる官能評価では明瞭な結果が得られない可能性が高くなるし,クラスタ2とクラスタ3のように反応差が大きい判定者が混じっている場合も平均化されて暖味な結果に終わることが考えられる.消費者の感性を商品に反映し,質の向上を図るためにはクラスタごとに官能評価結果を分析して深層を浮かび上がらせることの重要性が示唆された.

To take various needs of consumers into account in the process of designing brassieres, it is important to classify the characteristics of subjects who evaluate the final products. One hundred ninety-three young Japanese women participated in a sensory test performed on 5 types of brassieres. Factor analysis was carried out with 22 evaluation items for each brassiere type. Extracted common factors of evaluation among the 5 types were shift, swinging, pressure, shape and supportive sensations in the back and side of brassieres. Shift and swinging sensations had high contribution rates and were closely related to overall comfort sensation. Cluster analysis was performed on factor scores. Subjects were classified into 4 clusters. It was shown that subjects in each cluster pattern had a specific evaluation tendency. Namely, subjects in Cluster 1 evaluated shape sensation and pressure sensation positively, subjects in Cluster 2 evaluated pressure sensation negatively, subjects in Cluster 3 evaluated all factors negatively, and those in Cluster 4 evaluated the factors separately. Consciousness of the breast seemed to contribute to the evaluation of brassieres.

Journal

  • Journal of home economics of Japan

    Journal of home economics of Japan 57(11), 743-751, 2006-11-15

    日本家政学会

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004863609
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10040097
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09135227
  • NDL Article ID
    8555207
  • NDL Source Classification
    ZE16(社会・労働--家事・家政--学術誌)
  • NDL Call No.
    Z6-113
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top