ミドル・シニアエイジにおける男性学習者の意識と行動 The Awareness and Behavior of Middle- and Senior- Aged Male Learners

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

産業構造の変化の時代における男性のライフコースについて検証するため,区立生涯学習施設で学習中の成人男性1200人に聞いた。回答者(437)のうち,就業者(242)の41%,非就業者(195)の97%が60歳以上であった。就業者群は継続学習で「自分と違う考えが理解可能になった。生活に張りができた」と捉え,今後は「自治体の講座・大学公開講座・通信教育等」を希望し,キャリア・アップを望んでいる。非就業者群は「自分を客観視できるようになった。教養が高まった」と捉え,「生活の張り,健康保持」も重要視している。両群とも,継続学習への行動力が精神的・社会的自立を助長すると意識しているが,具体的なライフプランを模索している様子もうかがえる。

The corporate seniority system has been replaced by the merit system, many employees of men who continue learning at community want to acquire official credentials, and strongly hope to get career-enhancing education outside the company. Men who facilities after retirement mostly seek "health and meaning of life" instead of career-enhancement. They have adjusted to the altered position and roles brought about by a departure from work, and are aware that taking action for community activities and continued learning helps encourage their physical and social independence.

収録刊行物

  • 東京経営短期大学紀要

    東京経営短期大学紀要 7, 63-76, 1999-03-31

    東京経営短期大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004865967
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10447287
  • 本文言語コード
    ENG
  • ISSN
    09194436
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ