スイス誓約同盟とシュヴァーベン同盟(保健福祉学部 福祉学科) The Swiss Confederacy and the Swabian League

この論文をさがす

著者

抄録

通説は、スイス誓約同盟が、1499年のシュヴァーベン・スイス戦争に勝利することで、神聖ローマ帝国から事実上独立できた、とする。皆川の近著も、この通説を踏襲している。すなわち、誓約同盟のベルン市の一市民、レープリンがシュヴァーベン同盟のウルム市に対して行ったフェーデを例証として、帝国から独立した誓約同盟と帝国内のシュヴァーベン同盟との間には、帝国の司法の場を含めて、いかなる共通の裁判権威も存在せず、紛争を解決するには、政治交渉か暴力の道しか残されていなかったと断じ、両者の関係を国際関係と結論付けるのである。しかし、誓約同盟とシュヴァーベン同盟の間にいかなる共通の裁判権威もなかったと決め付けることは早計である。というのは、皆川が論拠としているレーブリン家のフェーデ自体、仲裁裁判によって解決の道筋を付けられたこと、1495年以降に誓約同盟に加盟した諸邦とその市民の場合、長く帝国最高法院を免れなかったこと、属邦の場合、自己の存立を確保する上で帝国最高法院に依拠し、その維持費の支払いにも進んで応じたことを確認できるからである。また、両者の問では、対立性よりも共通性の方が目立った。というのは、1499年の戦争を除けば、平和共存が常態だったし、帝国都市が本質的な構成部分であり、その寡頭化とオーブリッヒカイト化が進行するという特徴が共通するからである。

It is generally said that the Swiss Confederacy became independent of the Holy Roman Empire after the Swabian-Swiss War of 1499. According to the general theory and giving an example of the feud between a citizen of Bern and the city of Ulm, T.Minagawa remarks in his recent book that there was no common authority of jurisdiction between the Swiss Confederacy out of the Empire and the Swabian League in the Empire, and so nothing remained but political negotiation or a war to solve the conflict. And Minagawa judges the relation of the Swiss Confederacy to the Swabian League to be the international one. But it is a bit too hasty to conclude that there was no common authority of jurisdiction between them. Because we can confirm these facts; 1. The feud cited by Minagawa was settled judicially by arbitrations. 2. Some cantons which came to the Swiss Confederacy after 1495, such as Basel, were not exempted from the High Court for a long time. 3. Sankt Gallen, a subordinate member of the Swiss Confederacy, was depended on the High Court to stand forth and was willing to share the cost to maintain it. And further, the commonness was stronger than the antagonism between them. Because peace was the norm except the Swabian-Swiss War and the free cities which showed the oligarchic and authoritative tendency were essential to both unions.

収録刊行物

  • 西南女学院大学紀要

    西南女学院大学紀要 10, 31-39, 2006-02-28

    西南女学院大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004866386
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11156368
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13426354
  • NDL 記事登録ID
    8000109
  • NDL 雑誌分類
    ZE5(社会・労働--社会問題・社会保障) // ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z6-B971
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ