日本における縮毛(II) : 洛中洛外図屏風(舟木本)と江戸名所図屏風を中心に Curly Hair in Japan (II) : As Seen in the Drawings on Folding Screens Depicting Urban and Suburban Life of Medieval Kyoto and Famous Sights in Edo

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近世初期風俗画を通して、江戸時代初期に縮毛が存在していたことを山野紀要Vo1.9で考察した。更に今回縮毛を創作している様子を「洛中洛外図屏風」である舟木本の右隻六扇下段六条柳町(13)の中に見いだすことができた。この描写は当時の風俗である縮毛を施していることを認識できる重要な場面である。舟木本は描写のみが緻密に描かれているだけでなく風俗についての事こまかな詳細部が描かれた貴重な作品であるといっても過言ではない。次にこの縮毛を創る道具はどのようなものかを考察してみる。髪結床や人があつまっている場面をのぞいてみると、そこには|型(2)、〓型(1)の物を扱っている露店が描かれている。これぞまさしく、中国での髪飾りの道具の笄と釵の型ではないか。(P.3参照)

収録刊行物

  • 山野研究紀要

    山野研究紀要 13, 1-23, 2005-03-25

    山野美容芸術短期大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004867173
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11229891
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09196323
  • NDL 記事登録ID
    7704166
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZE17(社会・労働--家事・家政--一般誌)
  • NDL 請求記号
    Z22-B160
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ