ナチス・ドイツの動物保護法と自然保護法 Tier- und Naturschutzgesetzgebung im Dritten Reich.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1933年の政権獲得後、ナチス・ドイツは次々と動物保護、自然保護に関する立法を実現していった。本稿はそれらの法律、すなわち「動物の屠殺に関する法律」、「動物保護法」、「帝国森林荒廃防止法」、「森林の種に関する法律」、「帝国自然保護法」といった法律の成立過程、内容を分析する。「動物の屠殺に関する法律」、「森林の種に関する法律」がナチスの病理を表現するものである一方、「動物保護法」、「帝国自然保護法」は、当時の水準からすれば極めて進歩的な法律であった。これらの立法過程には帝国森林監督官たるヘルマン・ゲーリングが深く関与した。彼の意図は、動物・自然保護を促進させることよりも、むしろ広範な社会層の支持を取り込むことにあった。こうした立法事例は、動物保護・自然保護と全体主義思想との関連、自然思想と全体主義思想との親和性について再検討する必要があることを、我々に教えている。

In den beiden Jahren des NS-Staates lieβ die Reichsregierung eine Fulle neuer Tier-und Naturschutzgesetze in Kraft treten. Diser Artikel analysiert die Gesetzgebungsprozesse und die Inhalte dieser Gesetze, nahmlich das "Gesetz uber das Schlachten von Tieren","Tier-schutzgesetz","Gesetz gegen Waldverwustung","Forstliche Artgesetz" und das "Reich-snaturschutzgesetz". Das "Tierschutzgesetz" und das "Reichsnaturschutzgesetz" waren fur damalige Verhaltnisse fortgeschrittene Gesetze. Die Tatsache, daβ diese bahnbrechende Gesetze genau im nationalsozialistischen Staat geboren sind, zeigt uns die Notwendigkeit, daβ wir uber das Zusammenhang zwischen Tierschutz, Naturschutz und Totalitarismus tief reflektieren mussen.

収録刊行物

  • 人間環境論集

    人間環境論集 5, 55-69, 2006-03-31

    人間環境大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004868271
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11648908
  • 本文言語コード
    JPN
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13473395
  • NDL 記事登録ID
    8627319
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL 請求記号
    Z71-H17
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ