1G2-G2 科学的思考とコミュニケーション活動を促す理科教材の開発 : 既習事項と自然事象における相互作用との結びつけ(教育実践・科学授業開発(3),一般研究発表(口頭発表),日本科学教育学会 第30回年会論文集) 1G2-G2 Development of Learning Matrials to Foster Scientific Thinking and Commnication Skills

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、子どもたちの科学的思考力やコミュニケーション能力を育む理科教材とそのための授業ストラテジーを開発することがねらいである。それを達成する方策として、一連の事象の始めと終わりの部分を「目に見える事象」として感覚的に生徒たちに示し、その途中の部分を「目に見えない事象」として設定した授業を展開した。実践の結果、当初誤概念を持っていた生徒も、班内での討論を通して正しい科学的概念を持つに至り、科学的思考とコミュニケーション活動を促すのに成果がみられた。

収録刊行物

  • 日本科学教育学会年会論文集

    日本科学教育学会年会論文集 30(0), 231-232, 2006

    一般社団法人 日本科学教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004874900
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1035926X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    2186-3628
  • データ提供元
    CJP書誌  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ