シニア向けパソコンソフトとパソコン教室が老化防止に与える効果  [in Japanese] Effectiveness of PC-software and classroom for seniors to ant aging  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本研究は、60歳以上のシニアを村象にして、パソコンソフトを用いて操作し学習する活動をシニア向けパソコン教室で行い、その活動を継続観察しアンケートを実施して老化防止にどのような効果があるかを調査分析した結果について述べている。筆者らは、シニア向けの学習ソフト(大人のための右脳キッズ)を開発し、シニア向けパソコン教室で、3ヶ月間使用してもらった。使用前と使用後のアンケートおよびインタビューの分析から、コンピュータ操作や学習ソフト、およびシニア同士のコミュニケーションが、老化防止に有効に働いているという結果を得た。

Journal

  • Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education 30, 435-436, 2006-08-10

    Japan Society for Science Education (JSSE)

References:  2

  • <no title>

    山口晴保

    認知症の正しい理解と包括的医療 ケアのポイント-快一徹! 脳活性化リハビリテーションで進行を防ごう, 2005

    Cited by (1)

  • <no title>

    川島隆太

    脳を鍛える学習療法ドリル-認知症高齢者のための (計算A-C), 2005

    Cited by (1)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004874982
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1035926X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    SHO
  • ISSN
    09134476
  • Data Source
    CJP  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top