単独発声母音を用いた話者照合における特徴量変換  [in Japanese] Feature parameter transformation in speaker verification using vowels uttered in isolation  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文では,単独発声母音の話者照合率の向上をはかるために,母音の特徴量分布に着日した特徴量変換法を提案する。特徴量変換は,特徴量の平均値と標準偏差を用いて標準化した後,各特徴量のノルムを1に正規化するといった2段階で行うものである。話者照合に広く用いられているメル周波数ケプストラム係数,LPCケプストラム係数を用いた話者照合実験の結果,いずれの特徴量においても,5母音の平均話者照合率に3ポイント程度の向上が認められた。提案する特徴量変換によって,特徴量を径方向成分と周方向成分に分離して話者照合実験を行った結果,母音中に含まれる話者性情報は周方向成分により多く含まれていることが分かった。

Journal

  • THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN

    THE JOURNAL OF THE ACOUSTICAL SOCIETY OF JAPAN 62(12), 848-855, 2006

    Acoustical Society of Japan

References:  20

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110004997299
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00186234
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0369-4232
  • NDL Article ID
    8581646
  • NDL Source Classification
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL Call No.
    Z15-15
  • Data Source
    CJP  CJPref  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top