家族の近現代 : 生と性のポリティクスとジェンダー(<特集>歴史社会学) Gendered Family : Family Politics in Modern Japan(<Featured Theme>Historical Sociology)

この論文をさがす

著者

抄録

日本における家族の歴史社会学研究の蓄積について,とくに隣接領域である家族社会学との関連においてレビューする.その際,80年代以降に若手フェミニスト研究者たちを中心的担い手として展開した「近代家族」論に注目し,それが,家族をめぐる学問領域においてもっていた意味と意義を確認する.その上で,ポストモダン・フェミニズムを経た新たなジェンダー概念の導入により,「ジェンダー家族」という概念を提起し,日本近代の天皇制と家族に関する分析を行なう.結論として,家族の歴史社会学的研究を現代に生かしていく方途を提言する.

Firstly, the paper reviews the studies in the field of historical sociology of family accumulated since the 1960 s in Japan. The review focuses on how historical sociology of family came to distinguish itself from family sociology in late 1980s and 90s. Young feminist scholars played crucial role to lead the intellectual trend. Secondly, the author tries to extend the concept of 'modern family' to 'gendered family' by introducing the new idea of gender developed in postmodern feminism in the 1990 s, and analyses the royal family and its representation in the Meiji period. In conclusion, the author suggests that historical sociology of family contributes family politics in future.

収録刊行物

  • 社會科學研究

    社會科學研究 57(3/4), 97-116, 2006-03-28

    東京大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110004999163
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00108966
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03873307
  • NDL 記事登録ID
    7941444
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z6-281
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ