怖れを共有する社会--リスク社会論の可能性 (小特集 日本における情報化と「怖れ」)  [in Japanese] Society organized upon Anxiety : The Possibility of the Theory of Risk Society  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本論文はウルリッヒ・ペックのリスク社会論(1986)の可能性を探るものである。最初に、導入として、2001年に日本で起こった「BSEパニック」について描写し、Beckが15年前に提案したリスク社会のあらゆる特徴をこの「パニック」が示していることを指摘している。次に、リスク社会論の土台となっている近代化論のロジックと射程を検討している。本論文はこのことを通じて彼の理論がもつ可能性を提示するものである。リスク社会においては、欠乏ではなくて不安こそが人々の間に連帯を生むというアイディアが基本になっている。

This paper examines the possibility of the theory of risk society by Ulrich Beck (1986). Firstly, as an introduction, I describe ""BSE panic"" in Japan in 2001 and argue that this ""panic"" shows every characteristic of risk society that Beck had proposed 15 years before. Secondly, I inspect the logic and scope of his theory of modernization, which sustains the theory of risk society. Through this operation, I show the potency of his theory based on the idea that it is not scarcity but anxiety that makes solidarity among people in risk society.

Journal

  • Journal of social and information studies

    Journal of social and information studies 12, 193-210, 2005

    Gunma University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110005001624
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10477040
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    特集
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13468812
  • NDL Article ID
    7486326
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-B124
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top