我が国の中国における植林協力の展開と小渕基金の位置づけについて(<特集>中国乾燥地における緑化技術とその将来(II)) Japan's cooperation for afforestation and Reforestation in China and Japan : China exchange foundation for afforestation(<SPECIAL ISSUE>Revegetation technique of degraded dry land in China and its future view (II))

この論文をさがす

著者

抄録

世界の森林・林業を取り巻く状況は,依然,厳しいものがある。森林の劣化・減少は様々な問題を引き起こし,また,こうした問題が,更に,森林の減少・劣化に繋がる悪循環を生んでいる。我が国は世界で森林分野の課題に対する様々な国際協力を展開してきており,中国に対する協力に関しては1998年の日中首脳会談以降,積極的に取り組んでいるところである。協力に際しては様々な手法が試みられており,政府関係機関の事業においては,我が国で長年培われてきた優れた技術のみならず,現地で研究・開発され,育まれた技術が駆使され,さらに他のプロジェクトへ応用されている例もあり,一方,非政府組織の協力として小渕基金による草の根レベルの活動も大きな広がりを見せている。中国が環境問題への取り組みを引き続き行うこと,また,木材需要の急激な増加に適切に対処することを支援するためにも,今後も,こうした様々なスキームを用いて同国の緑化事業に対して協力を行うことが重量であると考える。

世界の森林・林業を取り巻く状況は,依然,厳しいものがある.森林の劣化・減少は様々な問題を引き起こし,また,こうした問題が,更に,森林の減少・劣化に繋がる悪循環を生んでいる.我が国は世界で森林分野の課題に対する様々な国際協力を展開してきており,中国に対する協力に関しては1998年の日中首脳会談以降,積極的に取り組んでいるところである.協力に際しては様々な手法が試みられており,政府関係機関の事業においては,我が国で長年培われてきた優れた技術のみならず,現地で研究・開発され,育まれた技術が駆使され,さらに他のプロジェクトへ応用されている例もあり,一方,非政府組織の協力として小渕基金による草の根レベルの活動も大きな広がりを見せている.中国が環境問題への取り組みを引き続き行うこと,また,木材需要の急激な増加に適切に対処することを支援するためにも,今後も,こうした様々なスキ-ムを用いて同国の緑化事業に対して協力を行うことが重量であると考える.

収録刊行物

  • 日本緑化工学会誌

    日本緑化工学会誌 32(2), 293-298, 2006-11-30

    日本緑化工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110005519453
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10130633
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09167439
  • NDL 記事登録ID
    8584373
  • NDL 雑誌分類
    ZR21(科学技術--農林水産--林産) // ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1223
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ