小型衛星れいめいの lessons learned と次期小型衛星3軸標準バス Lessons Learned of Small Satellite REIMEI and Next Standard Bus of Small 3 Axis Satellite

この論文をさがす

著者

抄録

宇宙航空研究開発機構では、重量72kgの3軸小型科学衛星れいめいを開発し、2005年8月、開発費5億円で打ち上げた、現在でも順調に飛行しており、姿勢精度0.05°の制御を行ない、オーロラ科学観測をおこなっている。この成果を受けて、重量200-350kgの小型衛星標準バスを開発し、小型科学ミッションをシリーズとして、実施していく。

Japan Aerospace Exploration Agency has a plan to develop small satellite standard bus for various scientific mission and disaster monitoring missions. The satellite bus is a class of 200-400Kg mass with three-axis control capability of 0.02°accuracy. This paper describes the characteristics of the small satellite standard bus, comparing with overseas examples.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス

    電子情報通信学会技術研究報告. SANE, 宇宙・航行エレクトロニクス 106(380), 25-30, 2006-11-17

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110005717284
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013301
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135685
  • NDL 記事登録ID
    8572032
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ