タイムラインナビ : 空き時間を利用したユーザのスケジューリング支援システム  [in Japanese] Time Line Navi : A Scheduling Support System Using the Amount of Free Time  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年,計算機利用環境の発展に伴い,個人の予定を管理するためのソフトウェアとしてスケジューラシステムの利用が増加している.ユーザが抱える予定には,大きく分けてタスクとスケジュールの2種類があるが,既存のスケジューラシステムではこれらを別々に管理している.そのため,ユーザはスケジューリングに無理が生じていることに気づかないなどの問題点が起こっている.本研究では,ユーザが自由に使用できる時間(空き時間)を利用してタスクとスケジュールを統一的に管理することにより,ユーザのスケジューリング支援を行うシステムである「タイムラインナビ」を設計,実装し,評価実験を行った.その結果,空き時間表示によってユーザのスケジューリングを効率的にし,容易にすることが分かった.

In most current scheduler systems, tasks and schedules are managed independently though they are actually related. These have a problem that it is difficult for users to be aware of the impracticability of their scheduling. In this paper, we propose a task-and-schedule management method based on the amount of free time in order to solve the problem, and show the implementation of a scheduler system named Time Line Navi, where the free time is the time that the user can spend freely until the deadline. We evaluated it experimentally, and we found that the use of free time was useful for the user's scheduling.

Journal

  • 情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告

    情報処理学会研究報告. HI,ヒューマンインタフェース研究会報告 121, 19-26, 2006-11-21

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

References:  7

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110005717826
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10116111
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    ART
  • ISSN
    09196072
  • NDL Article ID
    8570402
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z14-1121
  • Data Source
    CJP  NDL  NII-ELS 
Page Top