日本から採集されたハゼ科の1新種Eviota masudai(アカイソハゼ) Eviota masudai, a New Gobiid Fish (Teleostei: Perciformes) from Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

イソハゼ属の1新種Eviota masudaiを25個体の標本に基づいて記載した.本種はイソハゼ属の他種から以下の特徴によって区別される:体が赤い,鱗の縁辺が赤色または赤褐色を呈し体表面に網目状の模様を形成する,後頭部に暗青色を呈する円形の斑紋が1個ある,頬に赤色または赤褐色の2本の縦線があり(背方の線は眼から後方へ延長し,眼と主鰓蓋骨後縁との中間に達し,腹方の線は口の後縁から眼の後部下方に達する),胸鰭基底に2本の赤褐色の縦帯がある,第1背鰭は6棘から構成され,第2背鰭は1棘10軟条(1個体のみ9軟条)から構成される,側線鱗は23-25枚,頭部感覚系は完全,そして,雄の生殖突起が枝分かれしない.本種は本州の房総半島,三浦半島,伊豆半島,駿河湾,伊豆大島,高知県柏島,徳島県牟岐大島,愛媛県宇和島,鹿児島県大隅半島,日本海の隠岐島,小笠原諸島の兄島から採集されている.また,水中写真によって,伊豆諸島神津島,相模湾葉山,駿河湾三保,紀伊半島(和歌山県周参見・串本・南部,三重県熊野),佐渡島および奄美大島から記録されている.

A new gobiid fish, Eviota masudai, is described from 25 specimens collected from the Pacific coasts of Honshu, Shikoku, Kyushu, the Izu Islands, the Ogasawara Islands, and the Sea of Japan. Eviota masudai is distinguished from the other species of Eviota by the following combination of characters: a light pink body; edge of each scale pocket reddish brown or brown, forming network on body; a small round bluish black or dark brown blotch on each side of nape just above opercle; 2 short longitudinal reddish brown or brown lines on cheek, the upper running posteriorly from postero-ventral corner of eye to a point midway between eye and posterior end of opercle, the lower line running from corner of mouth to a vertical line through posterior edge of eye; 2 short longitudinal reddish brown or brown bars or oval blotches on pectoral-fin base, one dorsally and the other ventrally; dorsal-fin rays VI-I, 10(9 in only one specimen); lateral scale rows 23-25; cephalic sensory pore system complete; genital papillae of males non-fimbriate.

収録刊行物

  • 国立科学博物館専報

    国立科学博物館専報 41, 341-349, 2006

    国立科学博物館

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110005998877
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379635
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    00824755
  • NDL 記事登録ID
    8073528
  • NDL 雑誌分類
    ZU19(書誌・図書館・一般年鑑--学術一般・博物館)
  • NDL 請求記号
    Z21-208
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ