相模灘沿岸域の蘇苔類 Bryophytes of the Coastal Area of the Sagami Sea, Central Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

相模灘沿岸域の蘚苔類相を明らかにする目的で,千葉,神奈川,静岡3県にまたがる地域において,2001年から2004年にかけて蘚苔類の調査を実施した.採集した約980点の標本を調べた結果,蘚類32科77属,130種,苔類26科34属73種,ツノゴケ類1科2属3種が本地域に産することが明らかになった.各種について,生育基物,産地,標本番号を報告した.今回調査した中で,もっとも豊かな蘚苔類相が見られたのは暖温帯性常緑広葉樹林がよく残る鎌倉と須崎半島であった.

The bryophyte flora of the coastal area of the Sagami Sea, central Japan, was investigated. About 980 specimens of bryophytes were collected from the area from 2001 to 2004. The bryophytes recognized comprise 32 families, 77 genera and 130 species of Musci, 26 families, 34 genera and 73 species of Hepaticae and 1 family, 2 genera and 3 species of Anthocerotae. For each species, substrata, localities and specimen numbers were given. The most rich bryophyte flora was found in Kamakura and Suzaki Peninsula where warm-temperate evergreen broad-leaved forests are well preserved.

収録刊行物

  • 国立科学博物館専報

    国立科学博物館専報 42, 15-35, 2006

    国立科学博物館

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110005998884
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379635
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    00824755
  • NDL 記事登録ID
    8072526
  • NDL 雑誌分類
    ZU19(書誌・図書館・一般年鑑--学術一般・博物館)
  • NDL 請求記号
    Z21-208
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ