『草枕』論 : 浮遊する魂  [in Japanese] A Study on Natsume Soseki's "Kusamakura" : A Floating Soul  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

作品末尾の「憐れ」は「非人情」の対極にあるのではなく究極に存在するものである。「非人情」を追求してきた画工にとって、それは非現実的なものではなく、現実的な確かなものである。現実は何一つとして変わっていないが、画工の意識の中では変化が遂げられる。それは、那美の内面の変化でもある。

Journal

  • Bulletin of Kyushu Women's University. Humanities and social science

    Bulletin of Kyushu Women's University. Humanities and social science 34(3), 91-100, 1998-03

    Kyushu Women's University & Kyushu Women's Junior College

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110005999048
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10143588
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    09162151
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top