俘虜の日溜まり--旧ソ連抑留俳句=川島炬士・田倉八郎の場合  [in Japanese] Furyo no Hidamari : Kyu Soren Yokuryu Haiku: Kawashima Kyoshi, Takura Hachiro no Baai  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

小稿は、旧ソ連抑留俳句のうち、第一方面軍軍医部長であり、細菌戦準備にかかわったとして矯正労働二五年の刑を受けた川島炬士と満州国交通部次長であった田倉八郎の俳句を取りあげる。両者の共通しているのは、要人・高官という身分の高さであり、高齢であったことである。抑留生活も身分によって、その待遇がことなり、収容所の環境や食事、労働の程度も違っていた。前稿「行方なき非道の旅路-旧ソ連俳句=船水以南・佐久間木耳郎」と比べれば、いっそうはっきりする。要人・高官・高齢者の抑留生活は、一般兵士や民間人の抑留生活と比べれば、俘虜の日溜まりのようにゆるやかであった。そのことを明らかにして、旧ソ連抑留俳句の一面を明らかにしたい。

Journal

  • Bulletin of Kyushu Women's University. Humanities and social sciences

    Bulletin of Kyushu Women's University. Humanities and social sciences 35(3), 79-94, 1999

    Kyushu Women's University & Kyushu Women's Junior College

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110005999060
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10143588
  • Text Lang
    JPN
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    09162151
  • NDL Article ID
    4660683
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-663
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top