直罰規定を伴う二段階施行  [in Japanese] Two-Stage Enforcement with Direct Punishment  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

監査を通じ企業の法令違反を発見した際、行政は通常その企業を直ぐに処罰せずに改善命令を発動し法令遵守を促す。そして、企業が改善命令に従わない場合に改めて処分を下す。しかし時に、法令違反の発見時に直ぐに企業を処罰するいわゆる直罰規定を適用することがある。直罰規定の下で、行政は、監査で企業の法令違反を発見した段階で一定程度の罰則を課し改善命令を発動し命令に従わない段階でさらに厳しい処分行う、二段階施行を実施する。この論文の目的は、簡単な経済モデルを利用し直罰規定を伴う二段階施行の効力を分析することである。罰則金の絶対水準が増加した時、行政が相対的に監査活動を強化することを示す。

Journal

  • The economic review of Kansai University

    The economic review of Kansai University 56(1), 41-51, 2006-06

    Kansai University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110006159101
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00046869
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    04497554
  • NDL Article ID
    7986912
  • NDL Source Classification
    ZD11(経済--経済学)
  • NDL Call No.
    Z3-218
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top